一人じゃできないことも、皆でならできる【やぎ座新月】

2024年1月11日 20時57分頃
やぎ座新月です。

1月11日という
数字にも
なにか宇宙の意図のようなものを感じる
2024年最初の新月。

やぎ座冥王星期最後の
やぎ座新月でもあります。

冥王星は
その星座のテーマを
根底から大きく変容させるエネルギーを持っているので
強いリセット力を感じる人も
多いのではないでしょうか。

新月で
月と太陽が重なるのは
やぎ座21度
「リレー競走」の度数。

やぎ座の性質って
自分ひとりで責任を果たして
役割を全うすべく
発揮されることが多いのですが。

この度数のエネルギーは
役割分担をして
みんなでつないでいくんです。

これから先の時代。

私たちは
良いことも
悪いことも
分かち合いながら
生きていく
ことになります。

その意識の高まりは
いたるところにあらわれています。

誰かの夢を
クラウドファンディングのような形で
みんなで応援して叶えることが
当たり前になってきました。

災害があった時に
国や企業といった
大きな組織じゃなくても
自分にできることをやろうと
多くの人が考えて
実行に移しています。

私たちは
いろんな個性を持っていて
得意なこと
苦手なこと
やりたいこと
やりたくないこと
いろいろです。

完璧じゃなくていい。

完璧じゃないからこそ
誰かとつながって
より大きなことができる。

それは
私が
2024年伝えていきたいメッセージと
完全に一致していて。

そうか
このエネルギーをキャッチして
私は
動かされていたのか。

と。

宇宙の采配に驚かされると同時に
宇宙への信頼が増しました。

みんな
自分の手には負えないことは
人に助けてもらったらいい。

どんな大きな望みだって
叶えられる。

もしも
生きてる間に叶えられないような
望みだとしたら
私たちの次の世代を生きる人々に
託すことだってできる。

そんなエネルギーに満ちた
2024年最初の新月です。

+++————————————-+++
【チャリティー募集中】

あなたの魂を覚醒する「星読みセッション」

収益を全て
能登半島地震の被災者支援に寄付させていただきます。

お申込時に
「こんなふうに被災地支援ができる機会を作ってくれて
ありがとうございます」
というお言葉をいただきました。

こちらこそ
ありがとうございますという気持ちでいっぱいです。

そして
そんなやりとりの中で気づきました。

誰かが
お金を払って、サービスを受けてくれる。

受け取ったお金を
被災地で役立ててもらう。

その時
元々、お金を持っていた人が
直接被災地にお金を送るよりも
この世界に価値が増えているんです。

星のメッセージを受け取ってもらうことで
確実に
その人の人生が良くなる。

お仕事がうまくいくようになる人もいれば
人間関係がよくなる人もいるし
時には、人生の転機となるようなこともある。

そして
その影響は、さらに他の誰かにも伝わっていく。

そんな循環を感じながら
セッションをお届けしています。

長く続く支援をしていけたらと思っていますので
セッションを受けてみたい方
この機会に、ぜひどうぞ。

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

必要な方へ届きますように。

 

 

 

関連記事

  1. いろいろな役割を持つ私を生きる【やぎ座満月】

  2. 純度高く理想を描く【みずがめ座新月】

  3. 新年あけましておめでとうございます【2024】

  4. 理想の自分を生きる【しし座満月】

  5. 究極の役割分担【てんびん座満月】

  6. 5月の星もようまとめ